FXで失敗しないための基礎知識や必勝法をお届け。

menu

FX初心者に役立つ情報をお伝えするページ

市場へのインパクトが大きい「小売売上高(コア)」って何?

市場へのインパクトが大きい「小売売上高(コア)」って何

「小売売上高」とは、自動車の製造販売・ガソリン・家具・電化・建材・飲食・スーパー・百貨店・ネットショップなど様々な小売分野から構成され、売上高から経済動向を見極める重要な指標として活用されています。

その中でも販売金額による変動率が大きいとされる、自動車販売・ガソリン・建材などを除いた小売売上高(コア)と呼ばれる指標に注目が集まります。

これはアメリカの個人消費がGDPの60%以上を占めているため、小売売上高の動向が景気に及ぼす影響は非常に強く、小売売上高の状態によって、ある程度GDPの状態を予想することが可能となってくるからです。

特に、「入学商戦」「クリスマス商戦」など季節イベント後に発表される数値は為替市場に与える影響も大きく、雇用統計程の値動きはないものの、数字によっては市場関係者を驚かせるほどのインパクトを持ち合わせています。

なお、多くの指標と同様、事前の予測数字より上回ったか、下回ったかで、指標発表直後の市場の動きは変わってきます。予測値を上回った場合は、景気回復期待からドル買いとなり、予測値を下回った場合は、景気後退の懸念からドル売り傾向となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項

●コンテンツは運営者自身の経験を中心に構成しているため情報には不完全な記述が含まれる場合がございます。●投資を勧誘・助言しているものではありません。口座開設および投資行動の最終判断はご自身の責任に基づいて行うようお願いいたします。●外国為替証拠金取引(FX)は取引通貨の価格変動およびスワップポイントの支払いなどにより大きな損失が発生する場合があります。●本サイト利用による不利益について当方は一切の責任を負い兼ねます。