FXで失敗しないための基礎知識や必勝法をお届け。

menu

FX初心者に役立つ情報をお伝えするページ

インフレを測るため重要指標「生産者物価指数(PPI)」

インフレを測るため重要指標「生産者物価指数(PPI)」

生産者物価指数(PPI)とは、国内製造業者の販売価格(約1万品目)について各調査の後で算出される指標で、生産過程の原材料→中間財→完成財のそれぞれについて測定されます。

その中でも完成財の数字と、価格が変動しやすい食品やエネルギー品目を除いた生産者物価指数、いわゆる「コア指数」に注目が集まります。

なお、最終財の価格が安定しているからといって、将来的にそれが継続する保証はないため、原材料・中間材の価格動向も外すことは出来ません。

インフレを測るため重要指標で、労働省が発表している。消費者物価指数(CPI)とともに、インフレ及び物価変動を測るための判断材料として広く利用されています。

消費者物価指数(CPI)と同様、本指標の上昇はインフレを示唆することになるため、FRBの政策金利の引き上げの予想からのドル買い、逆に前回より低い数字の場合はデフレ傾向にあるとの予想から、政策金利の引き下げが予期されたドル売りとなる傾向が一般的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項

●コンテンツは運営者自身の経験を中心に構成しているため情報には不完全な記述が含まれる場合がございます。●投資を勧誘・助言しているものではありません。口座開設および投資行動の最終判断はご自身の責任に基づいて行うようお願いいたします。●外国為替証拠金取引(FX)は取引通貨の価格変動およびスワップポイントの支払いなどにより大きな損失が発生する場合があります。●本サイト利用による不利益について当方は一切の責任を負い兼ねます。