FXで失敗しないための基礎知識や必勝法をお届け。

menu

FX初心者に役立つ情報をお伝えするページ

FXの落とし穴。年末年始の取引時間と傾向を解説。

%e3%80%8c%e5%88%a9%e9%a3%9f%e3%81%84%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ab%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%80%8d%e3%80%80fx%e3%80%81%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e5%b9%b4%e5%a7%8b%e3%81%ae%e5%82%be

「1年365日、24時間取引ができる」と言うことで注目を集めるFXですが、元日を含む年末年始はどのような動きを見せるのでしょうか?

「元日」は休場です

まず、1月1日(元日)は日本をはじめ各国の市場はお休みになりますので取引することはできません。しかし、厳密には大晦日のニューヨーク市場が終わるのは日本時間の1月1日早朝となりますから、年を越して早朝までは取引をすることが可能です。

【参考】FXの取引時間で一番注目しておきたい時間帯とは?

そのため、多くのFX業者は「1月1日4時まで取引可能」「1月1日6時まで取引可能」のように元日の早朝まで営業し、それ以降は取引休止となるのが一般的です。もちろん、営業時間はFX事業者によって異なりますのでFX事業者のHPなどで確認しましょう。

正月は2日からスタート!

では、正月のFX市場はいつ始まるのでしょう?

答えは1月2日からです。

日本の株式市場は祝日・土曜日・日曜日が重ならなかった場合は1月4日が新年最初の市場(大発会)となりますが、FXに関しては元日のみ休場となりますので大発会と言う概念はなく、1月2日の市場オープンに合わせて早朝から営業を再開する事業者がほとんどです。

こちらもFX事業者によって取引開始時間が異なりますのでFX事業者のHPなどで確認しましょう。

年末の相場は流動的

では、年末年始の相場の傾向について分析していきましょう。

まず、日本で「仕事納め」と言うと大晦日直前になりますが、海外のトレーダーの仕事納めはクリスマスと少し早いのが一般的です。もう少し細かく解説すると、決算に向けて11月の「感謝祭(Thanksgiving Day)」までにポジションを精算し、12月は休暇モードのトレーダーが多い傾向があります。

自然、市場参加者は少なく非常に流動的(トレンドがどっちつかず)な様相を見せますので、ほんの少しのニュースや取引量で大きな値動きを見せることが多々あります。このあたりはFX事業者から「約定に至らない可能性があるので…」と注意喚起のメールが配信されることもありますからご存じの方も多いのではないでしょうか?

年始の相場は危険が大きい!?

一方、年が明けると「さあ、今年もがんばろう!」と意気込む方も多いかもしれませんが、年明けの相場には危険が潜んでいます。

その危険性とは、プロトレーダーの利食いのターゲットになりやすいと言う点です。

先ほど、「海外のトレーダーは12月は休暇モード」と解説しましたが、その反動から1月は本気で稼ぎにきます。そのため、値動きの裏にはプロトレーダーの思惑が必ず働いていると言ってもよく、素人がこの値動きに手を出すと利食いのターゲットになりやすい側面があります。

日本には『休むも休場』と言う格言があります。「取引を繰り返していると全体のながれが見えなくなり、大きな落とし穴にはまることがあるので、冷静に相場を判断しよう」と言う意味ですが、年末年始は様々な思惑が交差しますから、この格言を意識し年末年始はゆっくり過ごしたほうがよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項

●コンテンツは運営者自身の経験を中心に構成しているため情報には不完全な記述が含まれる場合がございます。●投資を勧誘・助言しているものではありません。口座開設および投資行動の最終判断はご自身の責任に基づいて行うようお願いいたします。●外国為替証拠金取引(FX)は取引通貨の価格変動およびスワップポイントの支払いなどにより大きな損失が発生する場合があります。●本サイト利用による不利益について当方は一切の責任を負い兼ねます。