FXで失敗しないための基礎知識や必勝法をお届け。

menu

FX初心者に役立つ情報をお伝えするページ

ベージュブック(地区連銀経済報告)の内容は為替に影響を与えない!?

ベージュブック(地区連銀経済報告)の内容は為替に影響を与えない

ベージュブックとは米国の地区連銀経済報告のことで、年8回、FOMC開催2週間前の水曜日に公表されます。報告の表紙の色がベージュ色であることから、ベージュブックと呼ばれています。

指標の意味

FRBが各地区傘下の12(ニューヨーク、フィラデルフィア、リッチモンド、サンフランシスコ、シカゴ、ミネアポリス、アトランタ、ボストン、クリーブランド、ダラス、カンザスシティ、セントルイス)の連邦準備銀行から、それぞれの地域の景気や経済活動の情報を公表しているものとなります。

具体的には、「観光客の支出は変わらず」「製造業は打撃」「消費活動は弱い」など、総合判断・個人消費・雇用・賃金・製造・建設・不動産・金融・物価の9つの項目についての経済状況報告で構成されており、この資料が次回のFOMCでの政策決定の判断材料となります。

為替市場への影響

ベージュブックの内容に反応するのは主に株式市場であり、直接的に為替相場に大きな変動を与えることは少ないですが、同発表により株式市場が大きく動くと、為替市場も大きく動くことがあります。

公表時には為替市場ではそれほど材料視されていないため大きな動きを見せることはありませんが、この報告がFOMCの議論の”たたき台”となるため、為替市場や株式市場がどのように反応していくかを見極めるための重要な資料と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免責事項

●コンテンツは運営者自身の経験を中心に構成しているため情報には不完全な記述が含まれる場合がございます。●投資を勧誘・助言しているものではありません。口座開設および投資行動の最終判断はご自身の責任に基づいて行うようお願いいたします。●外国為替証拠金取引(FX)は取引通貨の価格変動およびスワップポイントの支払いなどにより大きな損失が発生する場合があります。●本サイト利用による不利益について当方は一切の責任を負い兼ねます。